トップ 人間ドック口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

人間ドック口コミナビ人間ドックを受けたら > 結果の通知とその後

結果の通知とその後

結果の通知とその後の画像

人間ドックを受けて結果が通知されたら、その結果をどのように受け止めるべきなのでしょうか。

また、その後はどのように生活すべきなのでしょうか。

まずは人間ドックの検査結果がどのように分類されるのかを知りましょう。

基準値や問診などを参考にして、個人の基準値を設定し、総合的に数値の判定が行われます。

判定の種類としては、「異常なし」「わずかな異常は見られるが差し支えなし」「経過観察」「再検査」「精密検査」「治療継続」という表記によって示されます。

基準値というのは、過去や現在に病気がなく、健康であるという人の検査結果から求められています。

この数値から上下の2.5%を除き、その95%に含まれていれば検査結果の数値は基準値であるといえます。

そう考えると、基準値にはかなりの幅があるということがわかります。

また、季節や温度、体調、メンタルの状態によっても検査の数値はかなり違いが出てくる、ということも言われています。

ですから、あくまでも基準値は基準として一つの目安と割り切りましょう。

病院ごとに基準値が異なっている、などの意見もありましたが、現在では人間ドック学会などで基準値の統一を測ろう、と数値を設定しています。

こうした数値を参考にしながら自分の検査結果を判定してみるといいでしょう。

また、検査の結果については、最初に挙げた分類によって示されるものもあります。

正常であればもちろん問題視することはありません。

わずかに異常があると言われた場合には、自分の生活で思い当たることがないかどうかを考えてみましょう。

疲れがたまっていたり、なんらかの病後であったり、という理由があれば、ちょっとした異常が出ることもあります。

心当たりがあるかどうかを考えてみるといいでしょう。

また、経過を観察することになったり、再検査、治療などになることもあります。

その場合は医師の注意をよく聞き、自分がどのような状態にあるのかを正確に把握するようにしましょう。

人間ドック口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 前日までにしておくこと

人間ドックを予約すると、資料が送付されてきます。 また、直接渡される場合もあります。 その資料の中は余裕があるときに必ず全てに目を通し、準備をしておきましょう。 説明書のほかに、事前の検査に必要なキットなどが入っています。 すぐに必要にならなくても、いざ検査をするというときになって足りない、ということにならないように、資料をもらった時点で入っているものを確認しておく必要があります。 資料の中には問診表が入っている場合もあります。 これについては、病歴や家族についての記述など

人間ドック口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。